模範解答

模範解答例

東京藝術大学/平成25年小論文模範解答例

小論ラボが作成した模範解答例です。
模範解答例

武蔵野美術大学/平成29年度小論文模範解答例

小論ラボが作成した自作の小論文模範解答例です。
模範解答例

武蔵野美術大学/平成28年度公募推薦入試小論文模範解答例

資料の文章では、「正しい言葉」とは何か、ということと、その外側には「活きている言葉」があるはずだ、ということが述べられている。これを踏まえ、私の考えを述べる。 「正しい言葉」とは何だろうか。現代社会の「機能化」された言...
模範解答例

武蔵野美術大学/平成29年公募推薦入試小論文模範解答例

当塾オリジナルの小論文の模範解答例です。
模範解答例

近畿大学医学部/平成28年小論文模範解答

 私は、「純粋科学」とは、科学的見地からすれば非常に重要だが、一見実用性のないように思われる科学のことであると考える。「科学」という言葉は、「科学技術」という言葉があるように、「技術」に応用可能であるという「実用性」を有していなければならな...
模範解答例

東海大学医学部/平成28年小論文模範解答

私は、医師としての世界人とは、様々な価値観や考え方を公平に評価し、自分が応対する患者にとって最良の解決策を提案する存在であると考える。課題文においては、日本人は世界の中心から離れた場所に位置しながら普遍的な存在たりえていると論じている。「普...
模範解答例

日本医科大学医学部/平成28年小論文模範解答例

再生医療とは、機能が失われた臓器の働きを補ったり再生させたりする医療技術のことである。近年になって開発された、ES細胞による再生技術を皮切りとして、iPS細胞も開発され、急速に再生医療技術の応用ができるようになった。この技術を利用すれば、そ...
模範解答例

福岡大学医学部医学科/平成26年小論文模範解答例

 課題文では、次の二つの立場が説明されている。ひとつは、EBM、すなわち科学的なエビデンスに基づく医療に一辺倒になっている、現在の日本の医療の立場である。もう一方には、NBM、すなわち物語に基づいた医療と先のEBMをセットにして医療を行うと...
模範解答例

福岡大学医学部医学科/平成27年度小論文模範解答例

自分たち自身に決定権があるということは、自らの生活や人生を自分の手でより良いものにできるという、「自由」と「希望」を持つことができることだと私は考える。課題文では、自由度が大きいと認識した入居者の方が死亡率が低かった。この実験結果が示唆して...
模範解答例

福岡大学医学部医学科/平成28年度小論文模範解答例

「プラシーボ効果」と「ホーソン効果」の効果が疑似科学と呼ばれかねないのは、用い方を誤ると、それらが実証のないまま効果のあるものだとして扱われかねないからであると考える。そもそも、科学と「疑似科学」とは何が違うのであろうか。科学の営みとは、あ...