ホーム

「小論文」に集団授業はそぐわない。添削するのは当たり前
「完全1対1個別指導」による「議論」「答案のリライト」を通じて、「合格力」を養います。

小論ラボとは
  1. 日本全国でも数少ない小論文・総合型/学校推薦型選抜専門予備校
  2. プロ講師の塾長による完全1対1個別指導(全国オンライン遠隔指導も完全対応)
  3. 「授業前の添削」・「ディスカッション」を取り入れた独自の指導法
  4. 豊富な経験を活かした志望理由書・面接対策
  5. オリジナル教材・答案例を提示
2021年合格実績(2022年3月9日現在)

大阪大学外国語学部外国語学科(スワヒリ語専攻)

慶應義塾大学総合政策学部

慶應義塾大学環境情報学部

早稲田大学法学部

上智大学文学部哲学科

日本大学藝術学部文芸学科

同志社大学商学部

第一工科大学航空工学部航空工学科航空操縦専攻(特待生)

福岡女学院大学人間関係学部心理学科

令和健康科学大学リハビリテーション学部理学療法学科

お知らせ

小論文及び面接のための学習参考書を執筆しております。
「学校推薦型選抜・総合型選抜 だれでも上手に書ける 小論文合格ノート」(KADOKAWA)

「話し方のコツがよくわかる 看護医療系面接 頻出質問・回答パターン25」(KADOKAWA)

「いざ書きはじめる前に知っておきたい 選ばれる小論文のエッセンス」(学研)

全国の書店で発売中です。

 

 今日でも、大手予備校では集団授業が一般的で、個別指導塾では論文指導自体がなされないところも存在します。
 通信教育においても、添削者が赤ペンで訂正し、それを返却するだけ、という形式が普及しています。
 本当に、集団授業や通信添削によって、生徒の「書く力」ひいては「考える力」を伸ばすことができるのか。
 もっと、受験生の「書く力」を伸ばすやり方があるのではないのか。
 小論ラボは、こういった問題意識から出発しました。
 小論文・総合型/学校推薦型選抜指導の現状を打破し、受験生の「書く力」の向上による志望校合格を可能にします。

完全1対1個別指導

 小論ラボは完全個別指導にこだわります。
 また、総合型選抜入試、学校推薦型選抜入試、国公立大学後期試験、私立医学部入試といった、受験生それぞれのニーズに的確に応えてまいります。

主宰者による直接指導

 これまで東京都内の大手予備校・医系予備校でもプロ講師として小論文指導を行ってきた主宰者(菊池)がすべての授業における指導にあたります。社会人としてのビジネス経験をも活かした指導を行います。

丁寧な添削指導

 今後の大学入試で問われるのは自分の意見を考え、表明する思考力・判断力・表現力です。添削指導及び生徒と講師との議論により「考える力」を鍛えます。

体験授業について

 1対1の完全個別指導においては、講師と生徒との相性が非常に重要です。
そのため、小論ラボでは、無料体験授業(1回50分)をいたします。
お互いに納得したうえで実際の指導にあたらせていただきたいと考えております。
体験授業をご希望の方は、092-791-2945(菊池)までご連絡ください。